診療内容

  • 眼科一般
  • メガネ処方
  • レーザー治療
  • 眼精疲労、三叉さんさ神経痛の診断と治療
    →目の奥の痛み外来へ
  • 毎月第2・第4水曜日午前、順天堂大学准教授小野浩一先生による網膜・硝子体疾患に対する診察を受ける事ができます。
  • 毎月第4水曜日午後、茅ヶ崎中央病院眼科部長松本年弘先生による診察を受けることができます。

■眼科一般

  • 近視、遠視、乱視など屈折異常による視力低下
  • 白内障、緑内障検査
  • 緑内障の診断では、自動視野計・光干渉断層計を用いて検査
  • 糖尿病や高血圧症に伴う眼底検査
  • 加齢黄斑変性症

■メガネ処方

院長のスキアスコープによる診断により、より適確なメガネ処方をいたします。
三叉さんさ神経痛がある場合は、視力に影響することもありますので、これをまず治療いたします。

■レーザー治療

眼に関わる様々な病気に対してレーザー治療を行っています。

  • 網膜裂孔、網膜剥離の診断とレーザー治療
  • 糖尿病性網膜症に対するマルチカラーレーザー治療
  • 急性緑内障発作時の点滴治療およびレーザー治療

■診断情報の提供

患者さんの症状やご希望に応じて紹介が必要と判断した場合には、速やかに診療情報書を提供し、責任をもってご紹介しています。

■人間工学

姿勢と視力の関係について人間工学的発想で研究しています。

■眼精疲労

コンピュータやゲームの使いすぎによる眼の調節力の低下を調べることができます。

当院で出来ること

  • 院長によるスキアスコープでの適確なメガネ処方
  • 網膜剥離の早期発見とレーザー治療
  • 糖尿病性網膜症に対するパターンスキャンレーザー治療
  • 急性緑内障発作時の点滴治療およびレーザー治療
  • 後発白内障に対するYAGレーザー治療
  • 緊急で抗生剤や抗ウィルス剤が必要な時の外来での点滴治療
  • 緑内障レーザー手術(選択的レーザー線維柱帯形成術:SLT)
  • OCT(光干渉断層計)を用いての検査
  • 抗VEGF抗体硝子体内注射
  • 白内障手術