眼は病気のデパートと言われ、病気が一つとは限りません。

二つ以上の眼の病気が同時に出たり、時間をおいて出てきたりと油断できません。

かくれ網膜剥離

物が飛んで見える飛蚊症が、網膜剥離の時、必ず症状として現れると思っていませんか?
実際は、全く自覚症状のない、かくれ網膜剥離の方が数は多いのです。
眼をぶつけた覚えがなくても、こっそりと、かくれ網膜剥離は、誰にでも起こっている可能性があります。

網膜剥離の初期症状は全くない場合が多く、そのために発見が遅れ、大学病院で手術する必要のある患者さんが増えています。
当院で早期に網膜剥離が見つかり、レーザー治療のみで治癒した患者さんは、たまたま眼底検査で見つかり運が良かっただけです。
たまたま見つかるためには、眼科での定期的な眼底検査がとても大切です。

特に、40歳以上の男性で眼をよくこする癖があり、近視の方は要注意です。
早期に発見できれば数分のレーザー治療のみで完治し、仕事を休まなくてすみますが、進行してしまうと入院手術になり、長期に仕事を休まねばならず、その差は大変大きいです。

網膜剥離を早期に発見するには、人間ドックの眼底写真だけでは無理です。写真に写らない周辺部に裂孔があくことがほとんどだからです。

白内障の手術後にも、時間が経ってから網膜剥離になることもありますので、定期検査は必要です。

  • 網膜剥離 【網膜剥離】
  • 網膜裂孔 【網膜裂孔】

かくれ緑内障

かくれ緑内障の患者さんも増加しています。視野が欠ける前の早期に、緑内障がないかどうか確認してもらうことが大変重要です。緑内障には慢性と急性があり、どちらもないことの確認が必要です。

かくれ眼底出血

眼底出血
【眼底出血】

眼底出血しても中心部(黄斑部)に病変ががなければ自覚症状はありません。
当院では、定期的な眼底検査をお勧めしております。
詳細についてはお問い合わせください。